e0109163_22362442.jpg
年明け初のレッスンでした。

あ、なのにお年始の挨拶をすっかり忘れていました。
これを書いている今やっと思い出した。1月も半ばを過ぎたし、もうお正月って感じじゃないから、許して〜(//∇//)

今回は、ベートーヴェンもモーツァルトも、どちらも最後まで読んで行きました。
弾くのはまだまだえっちらおっちら。

上の楽譜はベートーヴェンのほう。悲愴の第3楽章の2ページ目。
弾き始めのテンポがいい感じになってきたと言っていただけましたが、この辺りの三連譜になると、いきなり遅く重くなってるって。
ええ、指が追いついていません(笑)
スピード感なのか、指遣いが悪いのか、復習してみないとまだわからないかな。

ベートーヴェンは、ピアノとかフォルテとかあったら、それを厳密にやると、よりそれらしくなるんですって。グレーゾーンみたいな弾き方はなし。この曲はさらっと弾けそうでいて、実はちゃんとやると奥が深いし、そうすると緊張感がすごい。

あとは、拍内にはめること。字余りはだめ。
まだまだまーだ、字余りしてます(//∇//)
読んでいるときは四つ数えながら音を取るけれども、最終的には二拍子を感じられるようなテンポで弾けるようになれるようにしましょうだそうでした。
先は長いよ。
e0109163_22362497.jpg
これはモーツァルト。K333の第3楽章。こちらも、三連譜多め。自分で読んでいても、なんでここでいきなりこれが出てくるのだろう…とよくわからないと思いながらやった箇所がたくさんありました。そういう箇所はたいてい字余りっぽく弾いてるらしくて、うーん、って軒並みバレます(//∇//)

音は追えても、リズムって私は1人じゃなかなかできませんから、修正していただいて。。。

ただこちらの方は、ベートーヴェンとは違って、拍内におさめきれなくても、遊びで音を引っ張るような箇所はあっていいんですって。
ただ、軽くてかわいい曲なので、トリルは引っ張らないほうがいいそうです。

ファソラソラソラソラソラソラソラソラソ。。。。
という部分を、私は、
ファーーソラソラソラソラソラソラソラソ。。。。
ってやっちゃってた。
演歌っぽいねっとり系ですよねこれじゃ。

まだまだ読んでいる段階ですが、たとえリズムが違っていても、家でやったことをできないなりに先生の前で弾いてみるだけですぐにアドバイスいただけるので、やっぱり練習って大事だなと思いました。

直していただいても、勝手に元に戻ることもありつつ(笑)
その都度また、何度でも直されるんですが、その回数が少なくなるようにしたいものです(//∇//)

[PR]
# by niaosmade | 2019-01-16 22:36 | ピアノ

新大久保でハットグ

世の中は成人式な本日、なんの用事もなかったので、気になってた新大久保にハットグを食べに行ってきました。

成人式…私は当時新潟にいましたが、実家の秋田には帰省せず、なので、白のラメラメミニスカスーツに、安室ちゃんっぽい厚底ブーツ、エメラルドグリーンのコートで、成人式に行きました。ちなみに友人は紫のダブルのスーツで行ったそうだ。こういうのを黒歴史と言うんでしょう(//∇//)

成人式の前後に、振袖の写真だけでも…と親に言われたのを断ったけれど、今思えば、劣化する前に撮っておいても良かったかもしれない。当時は、こんなパンパンな田舎っぽいデブ顔を残しておいてたまるか〜って思ったけれど、スレてなくて素朴で可愛かったと思うんですよ、いま思えば。ないから言えるけど(笑)

で、新大久保。最初はなんとなく大久保駅方面に歩いてみたら、何にもなかったので、反対方向へ 。そしたらテレビで見たようなお店がたくさんあったけれど、大行列。
そんなに並んでまで、とは思わなかったので、外れの方の空いているお店で買いました。

普通のハットグは300円くらい。
これは、ポテトとチーズ盛りだくさんなやつ。450円。
5人くらいしか並んでいなかったのに、注文してから20分くらい待ちました。
オペレーションよくないよ、もっとうまくまわせるよ、もっと売上取れるよ。と心の中で思ったけれど、そんなこと言ったらいけません(//∇//)
e0109163_19371424.jpg
これは、出来立てハットグ。
e0109163_19371482.jpg
ケチャップとハニーマスタードをかけてみました。ネットで調べたらこの味が王道っぽいのでまずはこれ。うん、ハニーマスタードおいし。
ほかに、調味料は、タバスコ、粉チーズ、砂糖、チリソース、マヨネーズがありました。

なので、これに足しで、タバスコとチリソース。
チリソースだけだとちょっと甘かったけれど、タバスコがいい働きしてくれました。

こちらのお店は、店内があったので座って好きなだけ調味料を試せたのですが、串一本でこのボリュームあるものの立ち食いは、難そうだと思いました。串二本刺さっていれば安定しそうですけども。それにいまは冬だし、マフラーにケチャップがつかないかとか、すごく気になりましたよ。

それはさておき、フライドポテトとか、チーズが嫌いな人はあんまりいないから、これはみんな好きと思います!

家で作れそうかも。こんなボリューミーな感じじゃなく、おつまみレベルにできないか、レシピを調べてみようと思います。

[PR]
# by niaosmade | 2019-01-14 19:37 | おそとごはん

バイク教習2段階4時間目

今日はシミュレータ。これでシミュレータは最後。

今回のシミュレータは、最初がシミュレータバイクに乗って、続けて次の時間にそれに対するディスカッションと、ビデオを見るというもの。なので4時間目というくくりですが、2時間連続の講習でした。

今日は学生さんぽい男の子が一緒でした。シミュレータで、誰かと一緒というのは初めてでした。
人数が多いと間が持つわ(//∇//)

最初の時間の、シミュレータに乗るときは、私はアレは酔ってしまうので、なるべく見ないようにしました。他の人の時と、自分の時とは、違うシチュエーションになるようで、なので、チーティングっていうのかな。前の人のを覚えておいて、自分の時に活かそうっていうことにはなりません。

続けての時間は、前の時間にやってみたのを見返して、話し合いする、って言っても、ほぼほぼ世間話だったかな(//∇//)

最後にビデオを見たんですが、内容は2人乗りするときの注意ってやつ。
これ、見る意味あるの?って思ったけど、そういう決まりなんでしょう。

2人乗りできないのは原付だけらしいので、私も免許とって、一年経ったら後ろに人を乗せても良いようです。

しかし、2人乗りって言っても、後ろに乗ってる方が私はいいなあ〜(//∇//)

[PR]
# by niaosmade | 2019-01-13 17:39 | 二輪車の免許

バイク教習2段階3時間目

今日はひさしぶりに実車の日。

そして久しぶりに私以外に誰かがいた(笑)
小型じゃなく、普通二輪の人でしたが、2段階の最初の方のレッスンというのは一緒のようでした。

検定1号コースと、2号コースというのがあって、2段階では、路上教習のていで、交通ルールを守りながら構内を走り、ついでに検定コースを覚える、という感じらしいです。

普通二輪は9時間あるけれど、小型は5時間。3時間がシミュレータなので、普通二輪の実車は6時間、小型がなんと2時間。

覚えられないでしょうよ(笑)


その、貴重な2時間のうちの1時間が、今日だったわけですが、今日のバイクはいつものバイクじゃなかった。

1段階で乗っていたのは、両側にミラーのないやつ。多分1段階はよく転ぶから、危なくないようにミラーのないやつなんだろうな。でもレトロかわいい茶色っぽいので、あのバイク好きだったんですが、今日は、なんか教習車っぽい白いやつ。いや、教習車なんだけどさ。
白バイ隊員みたいなやつで、可愛くない。好きじゃない。

ペアの男の子は、数年前に会社を辞めた人と名前が同じで、その辞めた彼は、すごく細い人で、バイクの免許を取りに行った最初の時、起こせなかったと嘆いていたのですが、今日の男の子も、しょっぱな乗る時にバイクを倒してしまって、それを起こせなくて先生に助けてもらっていました。この名前の人は華奢なのかなみんな…(//∇//)

でもさホラ、やっぱり400ccの200キロのバイクは男の人でも重いんだよ。だから、私ができないのは、しょうがなかったんだよ(笑)

で、私の、初めて乗る可愛くないバイク。
足のペダルの位置が微妙に違って、走り始めて、2速にしようと思ったら左足が、スカッと(笑)ああああれ、どこ? みたいになりました。

クランクでこけて、S字でこけて。
でも、両方ともちゃんと自分で起こしたからね。このブログを書いている今頃になってなんか肩コリっぽい筋肉痛な感じですが、ちゃんと起こせたのです。

しかし、クランクやS字で失敗したことはなかったんですが、何だろうか。
先生には、目線って言われました。手元だけ見てて先を見てなかったのかな。今日のバイクは、自分が出そうと思ってアクセルひねる感覚よりも進みすぎるなあ、前を行く先生と随分距離が近くなるなあと思いながら下を見た気はする…。

一本橋も、男の子が最初に渡って、ゴール地点の左側で止まってるとこに、はい、行きましょーって、行けないでしょそれ。右に逸れちゃいました。

あとは、体験しましょうというので、三つほど。
ひとつめは、ガタガタ道を立ち乗り。これは1段階の時にオートマでやりましたが、マニュアル車でもやりました。
ふたつめは、まっすぐ走っている時に、右か左、合図された方向に逸れること。小まわりがきくと思われるバイクが、実はそうじゃないんだよっていうのの体験。これは、ブレーキの練習じゃなく、どちらかに安全によける体験とのことでした。
みっつめは、カーブを減速しないで曲がってみる体験。どのくらい対向車線まで膨らんじゃうかっていうのを実感するための内容をやりました。30キロで曲がってみるんだったんですが、もっと低速だったと思う。でも、左端を走っていたのに、真ん中くらいまで膨らんじゃったから、やりたいことはわかりました。

この間、ペアの男の子はひたすら第1号コースを走るという。でも、ある意味楽しそうでいいよなあ〜。私はそんなーゆるい時間もなく、このままいけば、次はシミュレータで、その次の実車は、みきわめになってしまいます。

さっさとみきわめてもらって、何回か卒検失敗して、卒業する、みたいな自分が想像つくので、この時点ではさっさと終わってもらった方がいいかもしれないです。

なので、転んだりみたいなことをもうあんまりしないようにしないとです。
って、次は一回しかないけども(//∇//)

[PR]
# by niaosmade | 2019-01-12 19:09 | 二輪車の免許

バイク教習2段階2時間目

年が明けて、教習所は今日からの営業のようで、私は、うまいこと今日の予約が取れました。でも、ちょっと遅めの16:50から。

なのでその前に、年末に行けなかった美容院に行って綺麗になって(笑)
…すんまてん、清潔感を取り戻して来ました。

そして、今日はシミュレータ、危険予測のレッスンなので、ワイドパンツにサイドゴアブーツで行ったが、たまたま初対面の先生で、
「その靴、大丈夫ですか?」
と訝しがられました。

大丈夫と思いますって流したけれど、さすがに実車の際には、これは避けます(//∇//)

いつも、先生って言っても、年下だろうな〜という、三十代の方が多いですが、今日の先生は、私の上司くらいの世代。

シミュレータのレッスンは、1人だと時間をだいぶ持て余すので、世間話がおおくなるのですが、会話の端々から、年上世代だとおもいました。
年齢がどうってことではなく、若い先生と違って、こちらの反応などを気にせずに、レッスンを進めていく感じが、経験豊富そうだと思いました。

若い子の反応などを気にしていたら、心が持たなそうだもんね(//∇//)

今日のレッスンは、危険予測。
こういう状況が危ないよっていう、パターンの講習でした。事故が多いのは6割が交差点だからって。

例えば、
右折しようとして、対向車バイクが来たから止まって、そのあとで、対向車トラックがパッシングして、先に行っていいよって合図くれたから行こうとしたら、対向車バイクもう一台きてぶつかっちゃった、とか。

あとは、脇道に入って、優先ぽいのはこちらの道なので加速しようかなと思ったら、横の道からチャリが出て来たとか。

あるあるっていう6パターンをやりました。車の時にやったけれど、バイクのときは、自分は相手のことを認識していても、車からの見え方が違うので、気をつけてくださいねとのことでした。

サンキュー事故ってあるじゃないですか。
先生が十代の子に言うと、鼻で笑われるから、何だろうと思っていたら、オヤジギャグだと思われていたそうです。
私はさすがに知ってたけど。
去年、二俣川に車の免許の更新に行った時に、ビデオ見た時にサンキュー事故が出ていました。だから最近聞いたワードだなって言うのもあるけれど、知ってた単語な気がします、少なくとも鼻で笑うとかはないな(^-^)

この先生、バイク通勤だそうで、今日は寒かったでしょうと聞いたら、バイク乗りは、寒いときはちゃんと装備しますだそうです。寒いのは着込めない手くらい。
だって。

なるほど。こういう部分はリアルに勉強になります。寒いときは寒くないようにガリっと着込んで、きっと暑いときは、日焼けしないようにちゃんとするんでしょ。私もちゃんと揃えていかなくちゃですよ〜(^-^)

[PR]
# by niaosmade | 2019-01-06 20:26 | 二輪車の免許

高尾の御陵

e0109163_23202486.jpg
先月、年末くらいにいった場所です。
高尾駅が最寄りですが、御陵っていう、歴代の天皇陛下のお墓があるところ。

皇居みたいな感じで、綺麗な砂利道を歩いていくと、あるんです、御陵。

まっすぐいったら大正天皇、右に曲がったら昭和天皇っていうところで、昭和天皇の方にお伺いしました。
こちらは、昭和の皇后さまの御陵。
左手には昭和天皇の御陵があって、ちゃんと隣で眠れててよかったなあとおもいました。
e0109163_23202596.jpg
ギリギリ、紅葉が残っていたかな。この先まーっすぐが、昭和天皇の御陵で、少し右にに逸れると、皇后さまの御陵。

見えている右側の道は、スタート地点に戻る道なので、鳥居まで行って、右、ですからねー。

左手に見える四阿に警備員さんがいて、がっつりと写真も撮りづらかったので、右側に逸れて、皇后さまを拝見したのでした…(//∇//)

[PR]
# by niaosmade | 2019-01-05 01:58 | 国内旅行

手作りホットワイン

今日から仕事です。
と言うと、私はサービス業だと思われることが多いですが、経理です(//∇//)

休日出勤の楽なところは、私服でいいこと。
メイクも髪も、どうでも良い(笑)来客がないし、ビルの他社さんにも会わないし、同じチームのみなさんに見られるぶんにはどうでもよろし。さすがにすっぴんではないが、普段を知ってる人から見たら、すっぴんだと思われるレベルだと思う。

休日出勤とはいえ、普段通りの9時出社を目指して、いつもなら7時5分に起きるところを、8時5分に起きました。

普段は1時間弱かけて支度して、通勤して会社到着が8時45分ですが、今日は20分で支度してすぐに出て、会社に着いたのは9時ちょい過ぎだった。普段ならば遅刻になっちゃうからこんなことできないけれど、それでも、こんな短時間で行けるもんだなと思いました。

なんだかんだで19時過ぎまで仕事して、最寄駅に着いた20時過ぎには、スーパー関係はどこも閉まっていました。

家には、実家から届いた日本酒もあったので、それに合わせてお刺身を食べたかったんだけど、買えないならしょうがない。

細長く切ったナスを豚肉で巻いてチンしてポン酢をかけたやつを作って、なますと伊達巻の残りを食べました。

そのあと、日本酒に飽きて、赤ワインと思ったけど、先日買った赤ワインは微妙だったので、ホットワインにしてみました。

赤ワインをマグカップ一杯に、
シナモンパウダーをパッパッパとふりかけて
カルダモンをパッパッパとふりかけて
お砂糖を割と多め、ティスプーン山盛り入れて、

で、鍋にかけて沸騰させて、最後に柑橘を絞る。こないだはみかんを絞ったけど、今日はレモンがあったからレモン。

柑橘は最後に入れないと、沈殿物がすごいことになるなと飲んでいて思いました。
むしろ、沸騰させたらダメなのかな。そのうえで、レモンなどは火を止めてから入れるものなのかな。

料理?とも呼べないけど、料理って科学だわ。難しい。
今度そうしてみます。

ホットワインは、グビグビ何杯も飲めないから、寝酒にいいと思います。ホットミルクみたいな感じでしょうかね。ワインだけど、お酒だけど、火にかけるからいい感じにアルコールもとんで、美味しく飲めます。

夏はサングリア、冬はホットワイン、がいいかな。
もっと上手にできそうに思うので、もうちょっと作って経験値を積んでみようと思います!

[PR]
# by niaosmade | 2019-01-02 22:27 | おうちごはん

e0109163_12183061.jpg
初詣に行って来ました。去年も行ったから、勝手がわかってる川崎大師。
お大師さまは、なんか写真を撮るような感じじゃなく、これは帰り道の川崎大師駅。

駅っていう字を、驛って書くといきなりかっこよくなるのね。
e0109163_12183181.jpg
これはおひとりさまおせち(//∇//)
自分の好きなものだけ。

…なんかびんぼうくっさいけども(笑)
でも、お酒のおつまみにはじゅうぶん(^-^)

なますは余ったら、バインミーのようなサンドイッチにしてみようかなと思います。余らせたくて、多いものを買って来たし。

明日から私は仕事だし、そんなに羽目外していられないので、私のお正月はこんなもんかな。

[PR]
# by niaosmade | 2019-01-01 12:18 | おうちごはん

e0109163_01294029.jpg
あけましておめでとうございます。

年が明けた〜!


ジルヴェスターコンサートに行ってきました。みなとみらいホール。


去年も行きたかったんだけど、思いついたときにはチケット取れなかったのでした。

今年はすこし早かったから取れたけれど、なんていうの、オケの後ろ側の方の席。
譜面とか見えて、めくる人とめくらない人がよく見えて、ジルヴェスターオーケストラは大御所が揃ったプロ集団のはずですが、どういう格差なのだろうとか考えたりして、これはこれで面白い。


つかみはヨコハマファンファーレからの、ウイリアムテル序曲。生でこれ聴くの初めて。楽しい。
この曲はみんなが上手じゃないとできない曲ですよね。


低音の大きい楽器とか、オーボエやクラリネットなど、そういう楽器が物珍しくてつい見ちゃう。吹奏楽部のない高校でしたから。


そういえば前半の歌のプログラムが変わって、ヨハン・シュトラウスのオペレッタこうもりの中のメイドの歌から、プッチーニのジャンニ・スキッキのパパにおねだりする曲になった。


残念。
ヨハン・シュトラウス楽しみにしてたのに。


しかも席の場所的に、歌は聞こえにくい。オケが手前で歌は向こうにいて、あっちを向いて歌ってるわけだから、こちら側としてはめっちゃかきけされた感じになってました。まぁ、聞こえたところで外国語だしね、いっか。


ショパンのピアノ協奏曲はとてもきれいで楽しかったけど、プログラムの前半なのに撃沈してるお客さんちらほら。冗長な曲だからかなあ。


真田丸とか池辺先生の曲とかはあんまり興味がないので休憩で混む前におトイレ行って、すいてるドリンクコーナーで赤ワインゆっくり飲みました。


休憩後の第二部はベートーヴェンの皇帝…の第2楽章の終わりからの、第3楽章。

私、この曲ちゃんと聴くの初めてだったんだけど、すごく素敵な曲。全楽章気になるわ。ピアニストもドイツから来た人で、途中から弾くの初めてだってさ。全部やってよ〜。ケンプが先生だったっていうドイツ人ピアニスト。すごいわ。ベートーヴェンの曲は繰り返しが多くて長くてしつこいイメージでしたが、もっとちゃんと聴こうと思いました。


歌の、メリーウィドウと、誰も寝てはならぬのあとに、カウントダウン曲。

カウントダウンはムソルグスキーの展覧会の絵。バーバヤーガとキエフの大門。

バーバヤーガは魔女の曲らしい。とりあえず焦る曲。キエフの大門は、ナニコレ珍百景のテーマ?オチを出すときに出てくる曲。


このあたりではグランドセイコーがモニターにうつしだされて、12時0秒ぴったんこで演奏が終わるようにするの。予習してから行きましたけれど、カウントダウンってどうやるんだろうって思ってました。

ロックなコンサートみたいにこぶし振り上げるわけもないよなと思ったけど、なるほど、面白いです。


ハラハラするけどうまいこと終わるから盛り上がりました。たとえ失敗したとしてもそれはそれで楽しいかも。


その後天国と地獄で、プログラム終了。これはアンコールなしなつもりなのか?と思ったけど、ちゃんとありました。


アンコールは、ラデッキー行進曲。手拍子の強弱とかで参加してる感がある曲ですもんね。アンコールあるとしたらこれかなあって来る道中で思っていたのですが、本当にそうだった(^^)


帰りの駅までの道は、若者の車がいっぱいたむろってました。音楽爆音とか、パチンコ屋みたいな電飾とか。


私は早寝人間なので、大晦日でも、夜に出歩いたりはしないですが、世の中の年越しはこういう感じなんだなあと思いました。


私はこんな年越しを過ごしましたよ!

今年もどうぞよろしくお願いいたします(^-^)


[PR]
# by niaosmade | 2019-01-01 01:29 | コンサート

等々力渓谷を散策

e0109163_23483899.jpg
世田谷の等々力渓谷に行ってきました。
私は、アメリカのコミュニティカレッジを卒業した後、日本の四年制大学の3年次に編入してるんですが、その大学は自由が丘にありました。

社会人大学生なので、通信教育学部でしたが、年に数回はスクーリングという通学クラスに出席しないといけなかった。

何回か行った自由が丘のすぐ近くの駅に、こんな場所があったとは、全然知りませんでした。
知ったのは、今年。夏の避暑にいいって言ってたニュース番組でした。

e0109163_23483815.jpg

もう夏じゃないし、避暑じゃないんだけど、行った日はたまたま、冬の割には暖かい日で、歩きやすかったでした。

写真の通り、川っぺりを歩くのですが、柵はないので、落ちたら濡れちゃう。場所によってはすれ違うのを気をつけないといけないくらい狭い。

夏なら、ちょっとくらい落ちても濡れても楽しいと思いますが、この季節はちょっとねー(//∇//)

夏にまた来たいかも。

[PR]
# by niaosmade | 2018-12-29 23:48 | 国内旅行