人気ブログランキング |

ぷりんと楽譜で「春よ、来い」とか「パプリカ」とか

10月の1回目のピアノのレッスンに行ってきました。

モーツァルトだけではと思って先日、シューマンのアラベスクを持って行きましたが、なんだか却下な雰囲気だったので、このレッスンにむけて違うのを選んでもっていきました。
シベリウスの「樅の木」と、あとは、ぷりんと楽譜で、松任谷由美の「春よ、来い」と、「パプリカ」を買ったのでそれも持って行きました。
パプリカの楽譜は、なぜか100円でした。子供たちが演奏するから、高くするとかわいそうとか、コピーされるよりは低価格で買ってもらいたいとか、そういった理由なのかね。

わたしも100円なら買ってみようと思って、ついで買いしちゃいました。


レッスンでは、冬の弾きあい会についてのお話もお聞きしました。いままでのように、みんなで集まって弾いてそのあとで軽食パーティみたいなことは、密になるためできません。
そのため今年は、演奏した動画をyoutubeにアップして、お互いに聴きあうことになるでしょうとは以前から聞いていました。
わたしは、youtubeだったら、別に弾かなくていいかなぁ・・・と思っていたのですが、
「大人の生徒さんは、演奏してyoutubeにアップしたら、(お教室の主宰の)先生からパンかケーキのご褒美があります♪」
と言われ・・・。

ご褒美ほしいからやります!
ということになったのでした(^^;)
先生の手作りケーキやパン、マジでおいしいんだから。

そこで、そのときに何を弾くかという話になりご相談しました。
演奏を録画するのは11月末頃なので、今から全くの新しい曲に手をつけても、完成はできない。
なので、樅の木はむずかしいです。

ユーミンの春よ来いを弾いてみたところ、きれいな曲だからこれでもいいとおっしゃっていただけましたが、ポップスを一生懸命弾き込むのはなんか違う気がします。
弾きこんで完成度を上げるのなら、やっぱりクラシックのレッスンをしていただくほうがいいですと言ったら先生もそれには賛成してくださり、モーツァルトのK.570を録画演奏用にやっていきましょう、ということになりました。
ただ、K.570か春よ来いのどちらか、と決めちゃうのではなくて、K.570と春よ来いの両方でもいいんだから、そのつもりで練習してきてくださいとは言われました・・・。

ま、ユーミンは気分転換になるので、やってきます。


ちなみにパプリカは・・・、これを練習していて私はつくづく思いました。私は音を読むのに苦労はしませんが、リズムは苦手なのだと(^^;)
レッスンでちょっと弾いてみました。
休符や、八分音符がめちゃくちゃ。数えられないので雰囲気で長さを取っているのですが、やっぱりちがうらしい。
「これはこれで勉強になりそうな曲ですね~(笑)」
と先生も苦笑い。

とはいえポップスなので、間に合わせようと思えばパプリカも間に合いますと、先生はおっしゃっていましたが、今回はユーミンにすることにしました。


人前で弾く(録画する)となったらK.570へのアドバイスもまた増えてきます。
今まではノーペダルで弾いてきましたが、響きを出すためにアクセントペダル的な使い方で、ペダルを入れてみましょう、とアドバイスいただきました。
ただ、このレッスンで、ここは入れる、入れないとやっていくと時間が足りないので、どうかなと思うところに入れて練習してきてくださいとのことでした。
私は割と、ペダルはもったりなるまで入れてしまいがちなので、次のレッスンまでにやってみて、それを聴いていただいたうえで入れる・減らすをご相談することに。

頑張ります、ご褒美も楽しみだ♪
by niaosmade | 2020-10-16 12:05 | ピアノ

バイク好き、ピアノ好き、パン作り好き、犬が家族の40代バツイチ女。なににハマってどこに向かっていきたいのかよくわからない状態(^ ^) 横浜でゆるーく生きているつもりです☆


by mugi.0331
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31