久しぶりにTOEICを受けに行ってきました。最後に受けたのが2007年なので11年ぶりです。

受験場所は、白鵬女子高校・・・どこってかんじです(^^;) 地元じゃないと、学校の所在地は全然わからないものですね。
受験票にも記載があったけれど、ネットでよーく調べたら、一番近いのが京浜東北線の鶴見駅から徒歩27分。それ以外は、横浜駅からバス、綱島駅からバス、・・・不便ですね。
行きはバスもよくわからないから歩きで、帰りは周りについて行ったらバス停があってバスに乗れました。

白鵬女子高校は、女子高なので、女性専用会場でした。
昔、京王線の仙川駅が最寄りの、白百合女子大で受けたこともあるけれど、そのときも女性専用でした。女性専用会場は、なんというか、気楽です(^^;)

試験の内訳は、
リスニング100問、45分
リーディング100問、75分
こんなかんじ。

リスニングは、ゲームみたいで楽しかったですが、リーディングは、集中力も切れてきちゃうし、そんなに早く読めない。
最後の10問で残り5分になってしまった。

いっそいで、合ってるかわからないけども、要点らしきところだけ探して読みました(^^;)
終わった後、解答用紙の回収を待っている間、斜め前の人のがちらっとみえたけど、最後のところは全部1を塗りつぶしてたな。わかるわかる。そうしようかと思ったもん。
e0109163_22190944.jpg


ところでこれは、前日に食べたラーメン二郎。
麺がちゃんぽん麺みたいなぶっといやつで、少な目にしていただいたけど、すごい量。言えば野菜も少なくしてもらえたと思うけれど、タイミングを逃してしまった。

脂っこかったせいなのか、量を食べたからなのか、胃もたれとお腹痛いのとで、食後から大変でした。
・・・・・・正直なところ、なぜみんな並んでまでこのラーメンを食べるのだろう・・・という気持ちになった(^^;)

TOEICの試験の最中にトイレ行きたくなったらどうしようかと、焦ってたけど、大丈夫でした、よかったでした。

[PR]
by niaosmade | 2018-07-30 22:14 | 勉強

e0109163_21283827.jpg


つい最近、杉田にある家系ラーメンやさんに行って、おいしかったと思ったので、こちらはどうなんだろうと、(比較対象の)味を忘れないうちに行ってみようと思い、暑い中ならびましたよ。

日曜日の10時半に到着するつもりが、着いたら11時5分。その時点であたりまえですけど立って待ってる人がたくさん。座り待ち椅子を越えて、一列立ち人。さらにお店をはみだして隣の店あたりまで。その場所が実は一番熱がこもってて暑かった。ほかは、風が良く通るので、暑かったけど涼しかったでした。あとは、店内直前の、次の順番で席に通されますよというあたりの椅子エリアも、暑かったです。
ペットボトルとか、扇子とか、タオルとか、持ってた方が絶対いいですこの時期!

11時5分に並び始めて、中に入れたのが11時45分くらいだったので、思ったよりは並ばなかったなとおもいました。もっと、1時間以上は、かかるかと思ってました。

並んでる途中で、食券をかってくださーいと言われますが、一人でならんでいたら買いづらいなと思いました。実際、我々の前のおひとりさまは、いす待ち席でバッグを置いておけるようになってから買いに行っていました、カシコイな。

ここも初めてのお店だから、普通のラーメン。700円。
油少なめ。

スープ一口。最後に来る魚介っぽいやつはなんだろう・・・?でもこれって家系なんだ。全然違う、家系っていうか、吉村家って感じだとおもいました。家系っていうくくりじゃなくて吉村家は吉村家なのですねー。これは並ぶのわかる。

ちなみに私の口には、味が濃くかんじたので、いつもみたいにお酢をいれたんですが、いれないほうがぜっっったいよかった。お酢のせいで、一口目にかんじた、最後に来る魚介系っていうのが消えてしまった。
次は、油少なめ味うすめ、これでいこうと思います。

[PR]
by niaosmade | 2018-07-29 21:28 | おそとごはん

次に弾く曲

発表会が終わって、次のレッスンまでしばらく間が空きます。

レッスンに持っていく曲を決めて、そこそこ練習していかないといけないですが、なかなか次にやりたい曲が…。

…あるんだけど、難しそうでしんどそうなのばかり。

中田喜直の変奏的練習曲と、
シューマンの飛翔と、
シベリウスの樅の木、

やり始めて、コツコツやったらそのうちできるようになるんでしょうけども、発表会の直後にそこまでがんばりたくない。

なので、バッハのフランス組曲からどれか。
1番から順番に見て行った結果、6番のジグにすることに。

あとは、宇多田ヒカルのFirst Love

ぷりんと楽譜というインターネットサイトから購入しました。
同じ曲でも、初級中級上級と色々あって、その中にもアレンジ違いがたくさん。
サンプル楽譜(sampleとでかでかと楽譜の上に記載されているので、楽譜の全部は見えない)を何度もながめて、それでも雰囲気を見ながら、これかなっていうのを買いました。

中級の中から選んだので初見ですぐに弾ける感じではないですが、無理って感じでもなさそうだし、レッスンに持っていくのには良さそうです。

[PR]
by niaosmade | 2018-07-28 23:16 | ピアノ

秋葉原 野郎ラーメン

e0109163_10480728.jpg

乗り換えで秋葉原を経由した時、この辺でお昼を食べようということになり、ラーメンの気分だったので、うろうろしていました。
最初に目に入ったのはつけ麺屋さんだけど、そこは、横浜でもみたことある・・・なんかアキバっぽいのはないのかなと、ちょっとディープそうなエリアを歩いていたら目に入ったのが、秋葉原総本店の文字。

e0109163_10480770.jpg

野郎ラーメンて、次郎系と同じ系?仲間??
よくわかんないけど、とりあえず、ここにしよう。ってなかんじでお伺いしました。

煮干野郎が気になったけど、定番は豚骨野郎みたいなので、この日はそれ。。
食券を買うシステムです。買い終わったころに、店員さんが食券を受け取りに近づいてきます。
野菜は焼きか茹でをえらべるようで、わたしは茹で、同行者が焼き。

カウンター席が満席だったので待ちかなと思ったら、2階があるようです。
2階に行く途中の、1階の奥の方に、回転寿司屋さんのようなかんじでカウンターに沿って並んでいる小さなテーブル席もありました。

2階も、カウンター10席くらいと、4人掛けの小上がりが2席。ぶっちゃけきれいって感じのお店ではないので、カウンターのヘリとか、コップのふちとかが気になります(^^;)
待ってる間にネット検索したら、チェーンなお店で、いろんなところにあるんですね。
でも、秋葉原が総本店。お客さんも定員さんも外国人が多め。
カウンターの窓越しにナース服のコスプレ着てチラシ配ってる人とかが見えて、秋葉原って感じでした。

注文のタイミングなのか、ラーメンなのに、10分くらいは待ちました。
麺は太目。味も濃いめ。カスタマイズできるようだったので、お酢を入れました。
しかし茹で野菜にしたおかげなのか濃いめの味がちょっと緩和されたような気がします。

味とかについては、あえて触れませんが、話のネタにはなるなって感じのお店でした~(^^;)
[PR]
by niaosmade | 2018-07-20 14:49 | おそとごはん

e0109163_11010339.jpg
ピアノの発表会が終わりました。この写真は今年の記念品のクッキー。かわいいでしょ(^^)


去年は終わった後、うちで打ち上げをすることになっていたので、朝から料理とか掃除とか、バタバタやっていたのですが、今年は友人の子供(小学校低学年)が来ないというので、じゃあ、タバコくさくても酒臭くてもそのへんの居酒屋でいいじゃないかということになり、練習時間はたくさんできたのです・・・が、かえって緊張しておなかいたくなって疲れてしまった。

ちなみに毎年、美容院にヘアセットしてもらいにいくのですが、今回も行ってきました。
結婚式とかに呼ばれる年齢でもなくなっちゃったし、こんな機会でもなければ、ヘアセットなんてしないから、年に一度のオシャレと思うと楽しい(^^)

お店で、結婚式に行く格好で来ているお客さんが多い中で、
「ピアノの発表会なので、右側を目立たせてください~」
とお願いする私(^^;) 昔はこれ言うのも恥ずかしかったなー。

たいてい、ピアノ教室をやってる先生の側だと思われるのですが、会話の流れで、
「ピアノは趣味趣味。習い事なんですよ」
と言い訳をするのでした。まぁ、そうするとたいていの美容師さんは、自分のこんな楽器に興味があって、とか、話し始めるのが面白いところ。


自分の番に間に合うくらいに会場に到着しましたが、その時点で、もうめっちゃうまい子が弾いてるし(^^;)

上手だろうと下手だろうと、比較的大人は順番が後ろの方に固められるので、しょうがないんだけど。
そういえば昔は、直前の順番の人が上手だと、緊張しちゃってすごくすごくドキドキしたものだけど、最近は、美しい音色にかえってリラックスできることが多いです。

発表会って、この一回で練習の成果を出すという自分との戦いだから、そんなふうに思える自分になれてよかったよ。
とはいえ、緊張はする(笑)

目標は、途中で止まったり弾き直したりしない。ミスタッチがあっても雰囲気で行く。

だから、別れの曲は、ちゃんと目標達成できたと思います(^^;)
ポニョの連弾のほうは・・・あまりにグダグダすぎて、途中で顏が笑ってしまった。
グダグダだったけど、楽しかったです。ソロとは違う部分が勉強になるので、またペアの方がOKだったらやりたいなー(^^)

という発表会でした。

[PR]
by niaosmade | 2018-07-19 12:54 | ピアノ

7月中旬に、ピアノの発表会があります。

6月の最終週に、リハーサルをやりましたが、毎年のことなんだけど、ボロボロ(^^;)
「私ってこんななんだ・・・」
という。

たとえば、
「あんなに英語勉強したのに、外人に道を聞かれても全然答えられなかった」
みたいなのに似てる。
あれ、できると思ったのに、全然じゃん。

それもまあ、毎年のことなので、練習の7掛けくらいかなと思いながら最近はやっています。


それにしたって、連弾とか、おもしろすぎる。
ポニョの曲を連弾で弾くのですが、速いほうが、なんていうか、イイカンジになるんですね。
でも、速すぎると、合わなくなるし、指がもつれちゃうし、ちょうどいいスピードがなかなかむずかしい。思った以上に速くなってしまって、リカバリー不能で片方だけ止まった箇所などで、
「あー、先にいっていって追いつきますから」
とか、小さい声で言ったりとか。

しかしそばにいる先生には聞こえていて、
「そういうの本番ではいらないですからね(^^;)」
思いっきりつっこまれました。

ちなみに、誰ともかぶらないと思って選んだポニョですが、他にも弾く人がいるのよ(^^;)
ヤバーイ。

当然、我々のほうが大人なので、順番もあと。
同じ楽譜かどうかはわからないけど、同じ曲を2回目の弾くんだもん、ヤバーイ、コワーイ(^^;)


来年、また連弾することになったとしたら、ディズニーとかジブリはやめて、短調の暗い曲とか、思いっきりクラシックなのにすればかぶらないですねっっ、という話をしましたよお~。


ちなみにソロは、ショパンの別れの曲ですが、できない箇所は雰囲気でやってる感がすごいです。
ゆっくりだから大丈夫かなって思ったのに、あんまり大丈夫じゃないかもしれん。

音を外す回数を少しでも減らせるように・・・最後のひとふんばり(^^;)
がんばります。

[PR]
by niaosmade | 2018-07-08 14:53 | ピアノ

FP2級

5/27(日)にFP2級を実は受けてきたんです。神奈川大学まで行ってきました。

去年FP3級を受験した時も神奈川大学でしたが、この時は地下鉄ブルーラインの三ッ沢下町駅からてくてく20分くらい歩きました。このルートを使う人はほぼ誰もいなくて、グーグルマップを頼りに歩いたのですが、今回は東横線の白楽駅を使いました。
そしたらすごい人で、交差点ごとに、案内係の方もいて、全然迷わなかったでした。地図不要。

受験者じゃない人たちは、日曜日にうじゃうじゃと人が大学に向かってて、なんだと思ったでしょうね(^^;)

試験そのものは、過去問の傾向から、出る場所はわかっているので、反復練習をして、事前に慣れておきさえすれば、取れるはずのものです。
自分がいつも間違えるところは決まってくるので、そこをちゃんとやりさえすれば、正答率は上がってくるはずです。

わかってるんだよ、わかってるんだよおお(^^;)
最後の一ヶ月くらいは、仕事帰りにカフェで一時間、など、まじめにやりましたが、8~9割にするので精一杯。

運が悪かったら6割くらいになっちゃうかなあと思いながら受けてきました。


午前中が学科で午後が実技。
お昼ご飯をどこで食べようかと思っていたら、学科を最後まで退出しないでとどまっていれば、そこで食事をしてもよいようで、最後の最後まで粘りました。
午後の試験前の15分間は、準備のため追い出されますが、トイレなどもあるし、ちょうどよいなと思いました。

ちなみにFPは合格発表まで1か月近くかかるんですよ。長いんですよ。

最初はソワソワしていましたが、だんだん忘れて。
発表の1週間前くらいに、発表ですよーというメールが来て思い出す。という流れです。去年3級を受験した時もそうでした(^^;)


6/29(金)10時からオンラインでわかるというので、見てみましたら、合格してて、よかったでした。
郵送で届く通知のほうに、点数が載ってくるようです。

すごく良い点数だったら、またここに書こうかな(^^;)

[PR]
by niaosmade | 2018-07-02 09:16 | 勉強