e0109163_19411725.jpg
ブレッチェンのレシピと同じ生地で、六分割にして、玉ねぎとハムを巻き巻きしてみました。

小さい角型があれば、ミニ食パンのような感じにもできたと思いますが、うちにはマフィン型しかなかったので、六分割。

本当は翌朝にやろうと思って、夜に手ごねまでしたあと、一次発酵の前に、ラップをして冷蔵庫に入れたんだけど、ふと見たら倍になってて、冷蔵庫の中でも発酵するんかい!

このまま一晩置いたら、発酵させすぎになって、そしたらどうなるのかわからなかったので、あわてて成型、オーブン予熱。

だからベンチタイムも、仕上げの発酵も、中途半端だったかもしれない。
ていうか、そもそも成型が微妙だあね(//∇//)
でも焼いたらちゃんと…ではないかもしれないけど、できたことはできた。

普通においしかった。
具は、玉ねぎとハムを入れましたが、ピザソースっぽいのにするか、ミートソースっぽいのにするか、悩みました。しかしこの形だとソースっぽいのを入れたらでろーんとはみ出てきちゃいそうに思って、今回はやめました。

くるくるまいて、シナモンロールみたいに切るやり方なら、良かったのかも。それか、カルツォーネみたいな、中に挟み込む感じとか。

まだまだ! 復習が足りないですね。頑張ります〜(^-^)

by niaosmade | 2018-11-26 12:32 | パン教室

e0109163_16372961.jpg
今日のレッスンは、

バターロールとブルーベリーのツオップ

ツオップは三つ編みという意味ですって。

成型が、バターロールは難しいし、ツオップの編みこみもあるしで、今回はそういうのを学ぶレッスンのようです。

バターを混ぜた2回目の手ごねのとき、生地がすごく柔らかくなってびっくりした。
こねているうちにまとまりましたが、手にはつかないけれども、柔らかく伸びる生地。焼いたらふわふわになりそうな感じがすごくしました。

バターロールのかたち、いびつですよね(笑)
お店で売られているのは、全て同じ形になっていて、すごいなと思います。

バターロールを焼き上がりにひとつ食べてみましたが、お店で買うものよりも、外がカリカリ、中がふわふわ。私は外のカリカリがすきですが、バターロールならもっとふわふわが好きという人もいるかもしれません。

ブルーベリーのツオップのほうは、個人的には、この分量で2個作りたかったなあ、という感じですが、三つ編みの練習になりました。
たまに、男性の生徒さんがいらっしゃるそうですが、三つ編みのやり方、男の人はぜんっぜんわからないそうです。そこから教える先生も大変だ(笑)


私が購入したチケットでは、ベーシックコースの初歩的な6つのレッスンを受けられますが、これはその中でも6番目のもの。

前回のブレッチェンが、3番目くらいだったから、やばいよ、1番目、まだ受けていない。

今さら1番目を受けたら、つまんないと感じてしまうかもしれない。
ちなみに、1番目になっているのは、ベンチタイムがなく、成型もあんまりない…らしいです。

けれども、よくよく聞いたら、単発レッスンや季節ごとのスペシャルレッスンなどを、このチケットにプラスいくらかで受講できるそうです。

12月はクリスマスやお正月など、イベントシーズンなので、スペシャルレッスンが多め。

レッスン単価はちょっとお高い(デパ地下で完成品を買ったほうが下手したら安い)のですが、完成品は買って食べてしまったら、それでおわりだけど、習って覚えたことなら、また再現できるから、作れば作るほどコスパが良くなるよな…とおもいました。

なので次回はスペシャルレッスンにしてみます(^-^)

by niaosmade | 2018-11-24 20:41 | パン教室

e0109163_16371365.jpg
前回、パン教室で習ったレシピで、本来は、ブレッチェン4こ、チーズウインナーロール2こができるものですが、チーズウインナーロールを4こにしました。

このレシピはショートニングが入るもので、先日、富沢商店で買ったものが、山ほど余ってる(//∇//)

なので、使い切らなくてはなりません。
一回ごとに6グラムを使いますが、購入したのは、200とか、そんなもんだよ。賞味期限は数ヶ月あるけれど、頑張って使わないとって感じでしょう(//∇//)

ブレッチェンも、表面がカリカリ、中がもちもちで、好きだけれど、おかずがなくても食べやすいのはお惣菜パンのようなチーズウインナーロールの方ですよね。

ロングウインナーは、近所のスーパーでは探しにくいけれど、普通のウインナーでもいいかも。ミニパンみたいに作ってもいいかもね。ミニウインナーであれば、8こできるから、それはそれでかわいらしいし、わけやすくていいと思います。

この配合で、しばらく作り続けま〜す(^-^)

by niaosmade | 2018-11-24 16:36 | パン教室

今日は2時間連続で予約が取れました。
小型に変更したものの、マンツーマンレッスンは生きていて、私ひとり。
他の方に遠慮がいらないぶん、気楽だ〜(^-^)

1時間目はシミュレータ。
車の免許を取った時のシミュレータは、なんせ秋田だったから、雪で高速道路まで行けなくて、高速道路のレッスンだったと思います。普通は違うのかな。それとも私の記憶がないだけで数回やったのだろうか。

バイクは、1段階で一回、2段階で三回、シミュレータがあるそうです。

小型って、2段階は最短5時間らしいので、そんなにシミュレータあるんですかと思わず確認しましたが、本当らしい。

今日のシミュレータでは、マンホールがある道路や、砂利道、雨の日、強風の橋の上など、教習所では経験できないことをやりました。

あと、急制動の練習。
小型は、30キロを出して、8メートル以内で止めるというのが試験に入ってきます。
中型と大型は、40キロで、11メートルで止まるそうです。

低速のときは足ブレーキばかりを使いますが、ここでは、手ブレーキ8割、足ブレーキ2割で、エンジンブレーキも使って、止まります。
ここからブレーキ開始というコーンがある地点でその時速を出していないといけない。そこにたどり着くまでにどんなに出せていても、ダメみたい。
かといって、指定距離内で止まれない方がもっとダメ。

8メートル以内で止まれない…不合格
コケる…不合格
エンスト…OK
コーン地点で30キロ出ていない…やり直し

やり直しすると、スピードを出してしまって指定距離内で止まれない人が、先生の経験上多いそうで、だから一回で決めた方がいいよとアドバイスいただきました(//∇//)


2時間目は、小型で構内。
小型でもサイドスタンドを払うときにしくじってコケてしまった。
そして、なんと、小型車でも起こせずに助けてもらったという(T ^ T)

コツがつかめていないんでしょうね〜。しかし、400の時のような、汗だくで終わるようなことはなかったし、帰宅後に筋肉痛にもならなかった。それだけは良かったです。

初めての本格的な小型のレッスンでしたが、やったことは、
低速で半クラ、アクセル、で走ること、
直線は、3速まで入れて40キロくらいまで出すこと、
8の字でゆっくり走行で、半クラに慣れる、
一本橋の練習

一本橋は、二回トライしたけれど、2回とも左側にずれちゃった。
まっすぐだけ見てればいいわけじゃなく、両腕を柔らかくしてプルプル気味に揺らしている方がまっすぐを維持できるらしい。

小型にはスラロームというグネグネ運転は含まれないので、次の時間は一本橋の復習があるのは間違いないわ(//∇//)

by niaosmade | 2018-11-23 15:26 | 二輪車の免許

今日は久々のピアノレッスンでした。

少し早めに到着したので空いているお部屋で練習したのですが、なんだかそこで力尽きたのか、レッスンではものすごく微妙(//∇//)


バッハのフランス組曲第6番のアルマンドの方は、両手で弾いても片手ずつを聞けるように、左手をフォルテで、右手を弱く弾いてみてくださいと言われました。

一度それをやるだけで、メロディでない部分の音も意識できるようになるから不思議。

難しい箇所が速くなっているのも、休符をおろそかにするから、ついつい先走ってしまう左手が原因だったり。
そのままいくと、左手が忙しくなる部分で、大変なことになる。
弾いてても、苦しいし、見てても、必死だってわかるそうだ(笑)

でもこれは速い曲でもないし、あとはミスタッチを減らしていかないと。
だってフランス組曲のなかでは有名で、いろんな曲を聴いている大人の方々は当然知っている曲ですもん。


宇多田の方は、また言われたのが、弾き間違えた時に、わかりやすく手を跳ねあげないこと。まちがえたときの音は、実は間違えたことに気づかない程度のものもあるし、反面、やらかしたなっていうものもあるけれど、手を跳ねあげる動きだけで、音が聞こえないところから見ている人にも、あ、間違えたな、とわかってしまいますって。

あとは、いまの速さが遅いわけではないけれど、なんだか後ろに引っ張られているような感じなので、速くしなくていいけども、気持ちだけでも前に向かうように、とのことでした。
音が少ない曲なので、ちぎれてる風になりがち。
それを流れが美しくつながるような感じに。

それと、転調と共に来るフォルテ。いい感じにフォルテで入ったのに、すぐにしゅううううんとしぼんじゃうの。だって、そこから難しいので、弾き間違えないようにって思っているから、そりゃあ、フォルテはなくなりますがな(T ^ T)

試しに全部強めに弾いてみましたが、先生も私もピンとこなかった。宇多田が歌っているとき高音部分(最後のサビの、You are always gonna be the one…のbe the oneのあたり)は、フォルテの強い音じゃなく、遠いところから聞こえてきてますが、そんな風にピアノでやるにはどうしたらいいんだろう。フォルテは違ったし、ピアニッシモもそうじゃない感じだし…。

色々と試行錯誤した後で、これがいいかなと思ったのは、
私がやっていたフォルテは1小節分でしたが、それを3小節分まで持っていく
フォルテの終わりはうまいことやさしく
そのあとの高音部は、うまい感じにためる
ためたあとに引っ張ると重たいからスッキリとテンポに戻って弾く
テンポに戻った後、弾き難しい箇所がありますが、そこが、ためてる風にゆっくりに聞こえてしまっているのが現状です。

テンポを保って弾けるくらいに練習してできるようになるのが望ましいですが、それにはちょっと時間が必要かな。頑張りますけども。

by niaosmade | 2018-11-22 22:15 | ピアノ

適性診断

教習所で必ず受けさせられる適性診断、初めて免許を取る人は、学科や実技の前に受けなければいけないようですが、私の場合は、二輪車だからなのか、すでに車の免許を持っているからなのか、1段階が終わるまでに受けてくださいと言われていました。


反射神経のテストみたいなのと、性格が攻撃的かどうかをチェックするような設問でした。

描かれている記号がおなじであれば、用紙にマークする、みたいな頭の体操的なものと、
後ろから追い越そうとして来る車には、対抗心がわく、みたいな、性格診断です。

対抗心、全然わかないわー。
勝手に追い越して行って〜(//∇//)

後ろが渋滞なのをむしろ気にしない傾向があるので、自分ではそっちの方をむしろ気をつけないといけないとおもいますが、そんなことを問うような設問はないし。

ていうか、テストの内容よりも、受けていて、この室内の人たち、みんな若いんだろうな〜。18歳くらいかな〜っていうほうが気になっていましたよ。
どうでもいいんだけど。

最後、用紙を回収する時、前の席の人にどんどん渡していくんだったのですが、一枚目に書かれた年齢が、みられてしまうじゃないかぐぁぁはぁっぁああ、って内心思っていました。考えすぎか?(笑)

by niaosmade | 2018-11-11 18:19 | 二輪車の免許

ヨーグルトマフィン

e0109163_09332294.jpg
買い替えたばかりのオーブンレンジで、マフィンを焼きました。

パンはイーストを使いますが、マフィンはベーキングパウダー。
寝かせたりする待ち時間が少ないので、焼き時間を含めても40分もあればできちゃいます。

いままでは、なかなか焼き色がつかなくて、私って下手くそなんだなあとおもっていたけれど、同じように作っても、なんか今回はイイカンジじゃない?
自分のせいではなく、オーブンレンジのせいだったわ、良かったよ。

本のなかのレシピを参考にしていますが、牛乳を買ったつもりが飲むヨーグルトだったので、消費したかったので、書いてあるそのままではなく、 ちょっと変えました。

A
卵 1個
サラダオイル 20cc(計量カップ1メモリ)
砂糖 70グラム

B
飲むヨーグルト 100グラム

C
薄力粉 120グラム
ベーキングパウダー 小さじ1

すぐできるので、計量後すぐに予熱開始。
Aを、分離しないように少しずつ、もったりするまでまぜて、
Bを少しずつ加えて、
Cをさっくり練らないように混ぜる。

200度で、19分焼きました。
本当は180度って書いてあったけれど、200度で予熱したら、そのあと、設定温度の変え方がわからなくて、まあいいかと、そのまま焼いちゃった。

ヨーグルトの味は全くせず(^^;)
乳化がすすむのを早めてくれるだけみたいなかんじかな。

買ったばかりすぎて、まだ使いこなせていないけれど、これから色々助けてくれそうなのはまちがいないから、もっと仲良くならないとね(^-^)

by niaosmade | 2018-11-11 09:33 | おうちごはん

400のバイクの教習、マンツーマンにしてもらえることになったけれど、よ〜くよ〜く考えて、まずは小型二輪を取ってしまおうと思いました。

重さが、どーーーーーーしても、むり。

昨日までは、頑張るぞ〜って思っていたけれど、翌日の筋肉痛とアザが、なかなかシュール。アザなんて、1週間前のが消えないうちに、次のレッスンが来るからね(T ^ T)
いまがミニスカート流行ってる年じゃなくて良かったよ。会社でびっくりされちゃうよ。

それはさておき、重さがたいへんななかで、重さを克服するのと同時にバイクの操作も習得するのは結構厳しいものがあるなと自分で思いました。

400で免許取っても、乗るのは250とかなんだけど、そこんとこなんとかならないのかね。なんで教習車は400なのさ。

って言っててもしょうがない。重くて無理なものは無理。
小型の免許を取った後で、普通免許を取る流れにするつもり。
小型で終わるかも知れないけれど、その時はその時。

普通二輪MTだと、最短レッスン時間が、1段階9時間、2段階8時間。
小型二輪MTだと、1段階5時間、2段階5時間。

17時間が10時間になりますが、今の時点で、4時間乗っているので、 返金やオーバー時間ぶんの予約の取り方などについて、なにやら色々説明していただきましたが、あんまりよくわかんなかった。

数時間乗っちゃってるぶん、規定時間はオーバーするとわかっているので、400の値段で125が取れる感じかなあと思っています。

ていうか、申し込む前に、引き起こしとかさせてくれれば良かったのに。手数料とか、余計なお金がかかったわ。

次のレッスンの時に、125になってる私に先生は、やっぱりな的な反応をするのだろうか(//∇//)

そう思うと、なんかちょっと悔しいなあ〜。

by niaosmade | 2018-11-10 21:49 | 二輪車の免許

バイク教習1段階4回目

今日は初めて、平日の仕事帰りのレッスンでした。
あいにくの雨で、レインウェアとか、カジュアル服とかスニーカーとか、会社に持っていくのはかさばって重かった。

ヘルメットは今日は借りました。雨だったから濡れてるのか汗で湿ってるのか…(T ^ T)


今日のペアの方は、1段階のみきわめっていう感じのところで、苦手なところを復習ということで、やっていました。
同じレベルの人同士が揃うわけじゃないのね。

他に2組ほどレッスンしていたようですが、2段階の終わりかけとか、1段階だけど、後半のほうのオートマにのる回だとか、私よりはみなさんお出来になる方々(//∇//)

私よりできないひと、探す方が難しいですけども〜。

今日は、400で初めて、車庫?から出る日。
今日の先生は、1段階の1回目の時の先生で、私がバイクを起こせなかったことをよ〜く知っているかた(//∇//)

構内の内側直線の道で、ひたすら半クラ〜。
端っこまできたら、エンジン切って手で押したり引いたり、Uターンして、また繰り返し〜。その間、もうひとりの方のほうについてるかんじ。

最後の方で、クラッチだけで進むのではなく、アクセルを回してスタートが早くなるようにしてみて、と言われました。どぉーんっていう発進好きじゃないんですけれど、それをしないと実際の道路では後続車に迷惑がかかるでしょって。

普通に車に乗っているけど、悪いけど、後ろの渋滞なんか気にしないよ。
自分の能力以上のスピードをだす方が怖いもん。

…とは言え、ここは教習所。それができないと先に進めないのよー(T ^ T)

ていうか、Uターンの時にバイクを倒さないように、腕に力入れて、骨盤で押さえて、いまめっちゃ肩コリ。生ビールのジョッキを持つ手がプルプルしてる。

それだけじゃなく途中で、力尽きてバイク倒してしまったんだけど、それをしちゃうと、もうもう、起こせないんだよ。
いつも、モタモタしてると、誰かが助けてくれます。今回も、私の担当の先生じゃない先生が、助けてくれました。あああ、スミマセン。

起こすのはコツだっていうけど、コツをつかむ前に助けてもらってます(//∇//)
時間をかけてちゃんとやれば、できるかもしれないけれど、なんか時間がもったいないらしい。
そりゃそうだよねえ。走り方を習いに来てるんだもん。

最後の時に、やはりというかなんというか、マンツーマンレッスンを勧められました。知らなかったけど、進捗ベースは、結構遅れてるらしい。わかってると思いますけど、って言われたけど、みんなこんなもんだと思ってたからなあ(T ^ T)

一回一回、これができたらハンコもらえます、っていうんじゃなくて、1段階全体を通して、できるようになりましょう、っていう感じのようで、このレッスンどうかの出来栄えが、想定される進捗ベースに追いついてるかどうかが、判断しづらいんですね。

個人的には、毎回違うことやってる気でいたんだけど、そうじゃなかったようで(T ^ T)最終的に、最後の方で時間が足りなくなって追加レッスンを購入することになるのでしょうね。

2人ペアの50分クラスは実質ひとり25分なので、このペースだとちょっと時間かかりますと。だから、マンツーマンをお勧めしますって。まぁ、バイク倒れて、起こせなくて助けを待ってる、みたいなのが、ありえそうだしね。

いっそ小型二輪にしてしまおうか…とよぎったけど、先生からの申し出でないとダメというマンツーマンレッスンをしていただけるというんなら、その恩恵に預ろうかなと思いました。コスパ的には二分の一になるんだよ。

本当なら、この金曜日に1時間やって、土日も2時間ずつだったんだけど、マンツーマンになるから、予約のやり直し。次は約2週間後になりました。

でも……今日のレッスンで、もうもう、筋肉痛なのか腕のプルプルがすごいし、先週やってしまった足の青あざも消えていないし、3日連チャンは、無理だったのかも。と思うことにしよう。

この週末は、パンを焼いたり、ピアノを弾いたりして、過ごしたいと思います。

ちょっとへこんだけど、得したんだよ私、上がるとこだ〜〜(^-^)

by niaosmade | 2018-11-09 23:46 | 二輪車の免許

6番のアルマンドは、前回のレッスンの時に、
「次までになんとかなるようだったら、大人の会で弾く候補にかんがえます」
ということで持ち帰ったものだったのですが、これ、真面目に練習しました。
こればっかりやってた。

だから、先生の前でちゃーんと弾けるかなと思ったんだけど、音は追えていても、まだまだでした。
課題は盛りだくさん。
ていうか、楽譜の通りには弾けるという状態になってからが本当のレッスンなのでしょうね(//∇//)

左手が忙しくなる箇所が2回あるけれど、その指遣いを変えた方がやりやすいのではというアドバイスと、
ノンレガートが多いこの曲、音を保持する箇所は少ないですが、そのなかでここ忘れてるよっていう箇所と、
弾き方ではないですが、このまとまりを意識してねっていう箇所、
そして、おしゃれトリルの入れ方(^-^)

今の状態では、全部の音を、真っ平らに弾いてる感じなので、これらを意識すると、ちゃんと抑揚のあるバッハに聞こえますよって。

あと、難しいところは、さっさと通り過ぎようとおもうのか、速くなる傾向が…これは、私に限らずなあるあるなんですが、気をつけないと、やりがち、バレバレ(//∇//)


宇多田の方は、前回のアドバイスを守って、間違えても、手の動きなどで動揺を外に出さないことと、ペダルなしでも行けますよというくらいに、しっかり鍵盤をつかむことを心がけました。

実際、リズムがずれたり、音が違ったりはありましたが、美しい流れの方が大事!を意識して、止まらずに最後までごまかしました。
いや、楽譜を見ながら聴いてる先生にとっては、失笑な箇所もあったし、実際笑いを噛み殺している空気は感じたので、ごまかしきれてなかったとおもうけれども!
でも、前のレッスンの時よりは、変化が見えたと思います。先生じゃないと、わからない的な(//∇//)

ピアノを弾いていて、先生に、
「楽譜通りに弾かなくたっていいんです」
と言われたのは、初めてかもしれません(^-^)

そのくらい、クラシック以外の曲は、どう弾きたいのか聞かせたいのか、そちらに意識を持っていくべきなようです。
まあ、全てアレンジ譜なので、楽譜通りやるべきと厳しくいう意味もないっていうのもあるのでしょうね。

12月の大人の会まで、この2曲を弾くつもりで、頑張ることになりました。

5番のジグは、フェイドアウト。
練習サボったら、あっという間に退化しちゃった(//∇//)

バッハは、実際の発表会で弾くのは恐ろしくリスキーなので、せめてこういう場で弾けるように頑張りたいと思います。

by niaosmade | 2018-11-08 23:30 | ピアノ