タグ:横浜 ( 101 ) タグの人気記事

月に2回のピアノのレッスン。3月はこの日が1回目。

大人の男性の生徒さんもいらっしゃいました。その方は違う先生のレッスンを受けてるのですが、頑張ってるなー、って思いました。大人の方に会うと、改めて自分も頑張るぞって励みみたいに思いますね。

今日のメインはベートーヴェン。
そういえば先生ががレッスン中に、他のお部屋でこのベートーヴェンをやっているのを聞いたそうで、なのでもしかしたら発表会では私以外にもこれを弾く人がいるのかも。カブリは比較されてしまうから緊張するかもなあ…でも今更しょーがないし。自分らしい弾き方ができるようにがんばるしかないね。


さて、レッスン。
ベートーヴェンっぽくするためにペダルをたくさん入れる練習をしていきました。

ペダルのおかげかベートーヴェンらしい重さが出てきたとのことです。
しかし、細かいところはもちろんまだまだ。

フォルテで大きな音を出したい箇所がいくつかあるのですが、今は鋭すぎるんですって。

スタッカート気味に切るのではなくて、置く感じ。ペダルとの組み合わせだとおもうんですが、もうちょっと練習しないとね。

あとは最後の部分のアドバイスも。
ラシドーレシードラー
が2回続く、これは一瞬ひらけたような明るいイメージで弾く。そしてそのあとの
ド、ラ。ド、ソ。
これは不穏がきたなと思わせたいからそのように。
…この不穏が、私できなくてねー。
めっちゃ楽しそうに聞こえちゃうの。

ココだけでレッスン終わっちゃうんじゃないかっていうくらい何度もやったけど、

うん、楽しそうですね(笑)
っていわれてしまいました。

顔(かお芸)はいいけど、音色は違う
とも言われ(笑)

大きい音を出したいときはどうしても腕や肩に力が入ってしまうけれど、そうすると思ったような大きい音が出なかったりします。

脱力だいじ。

フォルテのあとのピアノなども、力んでいるからミスタッチが出たりとかもあるので、大きい音の最後まで力んでなくて良くて、バッと弾いたらすぐに体はフニャフニャの準備をする。

楽譜には、脱力、ってカキコミましたよ。

次回までにはまとまりを意識することと、あとはメリハリ脱力。これを練習しないとね。

by niaosmade | 2019-03-14 12:17 | ピアノ

e0109163_13113518.jpg
久しぶりにパンを焼きました。

こんなに膨らんだのは初めてて、なんかうまくいったような気がします。
普段と何が違うかっていうと、

普段の工程
材料を混ぜる→こねる→湯せん発酵→分割→ベンチタイム→成形→二次発酵→焼く

二次発酵が結構適当で、まいっかあ、と5分くらいでオーブンに入れてたのですが、今日は20分くらいは待った気がします。
待ったというか、色々やってたら時間がたっちゃったという方が近いけれど、そのくらいの余裕が必要ってことだよね。

これ、やってる途中の分割の段階で、それぞれの大きさを合わせようと思ってスケールを出したんですが、その時ちょうど電池切れになりました。

なんだよおもう少しだったのに〜って思ったけど、作る前の計量の時じゃなくてよかった。

というわけでちょっと大きさが不均等なんですが、これはうまくできました〜(^-^)


by niaosmade | 2019-02-02 13:11 | パン教室

またまた1週間ぶりのピアノのレッスンでした。
普段は月2回なのですが、ちょっと色々あって(^-^)

ミスチルのHANABIを連弾することにしましたが、12ページはしんどいので、週末、うまいことけずれないかやりくりして、行きました。

先生は、おそらく楽譜だけでHANABIを見ていて、原曲はそんなに詳しくないと思いますが、弾く私は、ミスチルの曲をしっています。なので、ここからあそこに飛んで、流れは大丈夫かっていうのも、意外と雰囲気分かってたりする(笑)

色々けずって、12ページが8ページ弱くらいになったかな。あとは、削るんじゃなく、弾くんだけど、どうして無理なところは音をなんとかしちゃうことにしよう。
こんなこと、クラシックの曲では決して許されないことですが、ポップスでは許されます。

普段はクラシックの作曲家が古い順番にレッスンみていただいて、余った時間でこういう曲をやるのですが、今日はミスチルから始めました(//∇//)

そのあとベートーヴェン。

モーツァルトを弾く弾き方でベートーヴェンを弾いている、という点をなんとかしたくて、とにかくねっとりを心がけました。イライラしている時に練習したらなんかいい感じで、それを思い出しながらレッスンでも弾きました。おかげで先日のモーツァルトのようなっていう感じではなくなりました。が、まだまだ課題はある。

3連譜の部分は早弾きって感じですが、そうでない部分で、急ぎすぎないこと。
でも、どうしてもつられて早くなっちゃうんですよね〜。

ベートーヴェンも、この後に見ていただいたモーツァルトも、共通して言われたことは、左手がメロディになる時のアーティキュレーションを意識して、ということでした。右手の音ばかりを聞いてしまいますが、左手がメインの時もあるからなー。

片手ずつの練習ってなかなかしないで、いきなり両手でいって、弾けないとこだけ片手の部分練習をするのですが、それだと、上述のようなことは、なかなか見えてこないから、ありがたいなって思います!

ベートーヴェンとHANABIは発表会、モーツァルトはなんとなく。なので、先生に、
「モーツァルト、飽きずに細長く持ってこれますか?」
っぽく聞かれました(//∇//)

私はすぐ飽きて、シラーーーっとフェイドアウト多いから(笑)
でも、このモーツァルトは好きな曲だし、ちゃんと弾けるようになりたいとは思ってます。けど今の所、優先順位が後ろの方だから、そろりそろりとやっていこうかな、飽きないように(^-^)

by niaosmade | 2019-01-31 23:47 | ピアノ

先日のレッスンから1週間しかあかずのレッスンだったので大して練習できませんでした〜(//∇//)

ちょっとだけマシかもと思ったベートーヴェンの悲愴の第3楽章のほうから先に見ていただきましたが、なんか微妙。

先生曰く、
「ミスタッチを除けば、技術的には弾ける曲だし、弾けてますが、軽くてかわいいモーツァルトの弾き方ですね」
だそうです。

自分でも、私が知っている悲愴の第3楽章じゃないなと思っていたのですが、それだ!

モーツァルトを弾く弾き方で、ベートーヴェンを弾いているんですよ、私。

弾こうと思えば、技術的には難しくなくさらっと弾けるようになるであろう曲ですが、
「もっとパッションが欲しいです(笑)」
だそうです。

パッション(笑)

ピアノを弾くときにあまり求めたことのないものだ(//∇//)

しかし、そういう精神論的なことだけでは、なかなか難しいので、
たとえば、冒頭の左手だって、小指を引っ掛けるというかえぐるというか、ピアノで弱めに弾くけども、重さを意識するとかすると、違ってくるでしょって。

ベートーヴェンは、耳が聞こえずに作曲をしていた人ですが、頭の中ではオーケストラが鳴りまくっていたそうです。

なので、この曲はピアノソナタですが、
中間の、ドーファー、シーミー、ラーレドシラソ… のところなどは、
右手の高音部を目立たせて弾く、左手の低音部を目立たせて弾く。弦楽器、管楽器、オーケストラにある色々な楽器を想定しながら練習してみてくださいと言われました。

次のレッスンも1週間後なんだけど、練習、そこまで頑張れるかな…(//∇//)

あとは、モーツァルトのK333の第3楽章を少しやって、連弾の曲も一緒に楽譜を眺めていただきました。

連弾は、ミスチルのHANABIをやります!
しかし、プリントアウトしてみたら、12ページもあったのよ。
連弾の曲なので、実質半分ですが、繰り返しも多いし、半分くらい削りたいと思って、ご相談しました。
最初と最後は削れないですが、中間部分はばっさりいけるか…? しかし、繰り返しの1かっこ、2かっこなどがあり、うまいことやらないと、ページを行ったり来たりになってしまう。もちろん繰り返しはしないので、2かっこにいきますが、そうするとその前の段階で削れる箇所が限られます。

まだ練習を始めていないので、曲の流れがわからないですが、削る箇所を練習するのやだからねえ(笑)
しかも、プリモがいないとセカンドって、練習しづらい、この曲は!

ひとまず、今日の部分を頭に入れて、次回までに流れを見てみようと思います、できるかな〜(//∇//)

by niaosmade | 2019-01-24 23:30 | ピアノ

バイク教習2段階5時間目

今日の教習所は、めっちゃ空いていました。珍しい。

週末なのに…と思ったら、この週末はセンター試験だよね。そのせいかも。


バイクも、3人しかいなくて、しかもそれぞれがマンツーマン。1人は大型二輪の男性。もう1人は小型ATのおじいちゃん。世間話したら80歳と言っていました。16時間目だそうだ。最高記録かなと思っていたそうですが、この学校の最高記録は30時間だそうです。小型は最短10時間、中型は最短17時間なので、どっちだったとしても、だいぶ頑張ったんですね、その30時間の方は…(^-^)


さて、私も記録更新しちゃうかもしれない。人のこと言えない。
今日は5時間目なので、本来ならみきわめだけど、みきわまらなかった。


苦手そうなのが、低速でブレーキとクラッチをうまく使うこと。そんなヨロヨロでよくコケないねっていう状態でヨロヨロ(笑) まあ、最終的にS字とかでコケますが。


あと、左折も。ヨロヨロするから小さく曲がるのが苦手なのかも。大きく膨らんじゃうって言われました。左折の場合は、大きく膨らんで車体を傾けるのではなく、スピードを落として小さく曲がる。


わかりました。
…言ってることは(笑)


私の体がすぐに理解してできるようになるかは、また別な話(*_*)

今日の復習項目が次回で全部できるようになれば、次回で終わりのようですが、まあ、そうはならないと思うので、あと何回かは追加。


みきわめもらったら検定試験となりますが、この学校は、検定料金が約7,000円。普段のレッスンはこの半分くらいの単価なので、もし卒検でだめだと、最低一回は普段のレッスンをして、また卒検って流れになると思う。

卒検で失敗するんなら2回余分にレッスンすればよかったって思いそう。

10回やって10回成功するくらいまで練習したいかも。


甘口な先生と辛口な先生といるし、私自身も気分や体調でムラがあるしで、どうなるかわかりませんけども、今日の先生は以前にマンツーマンを勧めてきた方と同じ先生なので、辛口な方なのかな。まあ、どっちでもいいけど。


by niaosmade | 2019-01-19 22:20 | 二輪車の免許

バイク教習2段階4時間目

今日はシミュレータ。これでシミュレータは最後。

今回のシミュレータは、最初がシミュレータバイクに乗って、続けて次の時間にそれに対するディスカッションと、ビデオを見るというもの。なので4時間目というくくりですが、2時間連続の講習でした。

今日は学生さんぽい男の子が一緒でした。シミュレータで、誰かと一緒というのは初めてでした。
人数が多いと間が持つわ(//∇//)

最初の時間の、シミュレータに乗るときは、私はアレは酔ってしまうので、なるべく見ないようにしました。他の人の時と、自分の時とは、違うシチュエーションになるようで、なので、チーティングっていうのかな。前の人のを覚えておいて、自分の時に活かそうっていうことにはなりません。

続けての時間は、前の時間にやってみたのを見返して、話し合いする、って言っても、ほぼほぼ世間話だったかな(//∇//)

最後にビデオを見たんですが、内容は2人乗りするときの注意ってやつ。
これ、見る意味あるの?って思ったけど、そういう決まりなんでしょう。

2人乗りできないのは原付だけらしいので、私も免許とって、一年経ったら後ろに人を乗せても良いようです。

しかし、2人乗りって言っても、後ろに乗ってる方が私はいいなあ〜(//∇//)

by niaosmade | 2019-01-13 17:39 | 二輪車の免許

バイク教習2段階3時間目

今日はひさしぶりに実車の日。

そして久しぶりに私以外に誰かがいた(笑)
小型じゃなく、普通二輪の人でしたが、2段階の最初の方のレッスンというのは一緒のようでした。

検定1号コースと、2号コースというのがあって、2段階では、路上教習のていで、交通ルールを守りながら構内を走り、ついでに検定コースを覚える、という感じらしいです。

普通二輪は9時間あるけれど、小型は5時間。3時間がシミュレータなので、普通二輪の実車は6時間、小型がなんと2時間。

覚えられないでしょうよ(笑)


その、貴重な2時間のうちの1時間が、今日だったわけですが、今日のバイクはいつものバイクじゃなかった。

1段階で乗っていたのは、両側にミラーのないやつ。多分1段階はよく転ぶから、危なくないようにミラーのないやつなんだろうな。でもレトロかわいい茶色っぽいので、あのバイク好きだったんですが、今日は、なんか教習車っぽい白いやつ。いや、教習車なんだけどさ。
白バイ隊員みたいなやつで、可愛くない。好きじゃない。

ペアの男の子は、数年前に会社を辞めた人と名前が同じで、その辞めた彼は、すごく細い人で、バイクの免許を取りに行った最初の時、起こせなかったと嘆いていたのですが、今日の男の子も、しょっぱな乗る時にバイクを倒してしまって、それを起こせなくて先生に助けてもらっていました。この名前の人は華奢なのかなみんな…(//∇//)

でもさホラ、やっぱり400ccの200キロのバイクは男の人でも重いんだよ。だから、私ができないのは、しょうがなかったんだよ(笑)

で、私の、初めて乗る可愛くないバイク。
足のペダルの位置が微妙に違って、走り始めて、2速にしようと思ったら左足が、スカッと(笑)ああああれ、どこ? みたいになりました。

クランクでこけて、S字でこけて。
でも、両方ともちゃんと自分で起こしたからね。このブログを書いている今頃になってなんか肩コリっぽい筋肉痛な感じですが、ちゃんと起こせたのです。

しかし、クランクやS字で失敗したことはなかったんですが、何だろうか。
先生には、目線って言われました。手元だけ見てて先を見てなかったのかな。今日のバイクは、自分が出そうと思ってアクセルひねる感覚よりも進みすぎるなあ、前を行く先生と随分距離が近くなるなあと思いながら下を見た気はする…。

一本橋も、男の子が最初に渡って、ゴール地点の左側で止まってるとこに、はい、行きましょーって、行けないでしょそれ。右に逸れちゃいました。

あとは、体験しましょうというので、三つほど。
ひとつめは、ガタガタ道を立ち乗り。これは1段階の時にオートマでやりましたが、マニュアル車でもやりました。
ふたつめは、まっすぐ走っている時に、右か左、合図された方向に逸れること。小まわりがきくと思われるバイクが、実はそうじゃないんだよっていうのの体験。これは、ブレーキの練習じゃなく、どちらかに安全によける体験とのことでした。
みっつめは、カーブを減速しないで曲がってみる体験。どのくらい対向車線まで膨らんじゃうかっていうのを実感するための内容をやりました。30キロで曲がってみるんだったんですが、もっと低速だったと思う。でも、左端を走っていたのに、真ん中くらいまで膨らんじゃったから、やりたいことはわかりました。

この間、ペアの男の子はひたすら第1号コースを走るという。でも、ある意味楽しそうでいいよなあ〜。私はそんなーゆるい時間もなく、このままいけば、次はシミュレータで、その次の実車は、みきわめになってしまいます。

さっさとみきわめてもらって、何回か卒検失敗して、卒業する、みたいな自分が想像つくので、この時点ではさっさと終わってもらった方がいいかもしれないです。

なので、転んだりみたいなことをもうあんまりしないようにしないとです。
って、次は一回しかないけども(//∇//)

by niaosmade | 2019-01-12 19:09 | 二輪車の免許

バイク教習2段階2時間目

年が明けて、教習所は今日からの営業のようで、私は、うまいこと今日の予約が取れました。でも、ちょっと遅めの16:50から。

なのでその前に、年末に行けなかった美容院に行って綺麗になって(笑)
…すんまてん、清潔感を取り戻して来ました。

そして、今日はシミュレータ、危険予測のレッスンなので、ワイドパンツにサイドゴアブーツで行ったが、たまたま初対面の先生で、
「その靴、大丈夫ですか?」
と訝しがられました。

大丈夫と思いますって流したけれど、さすがに実車の際には、これは避けます(//∇//)

いつも、先生って言っても、年下だろうな〜という、三十代の方が多いですが、今日の先生は、私の上司くらいの世代。

シミュレータのレッスンは、1人だと時間をだいぶ持て余すので、世間話がおおくなるのですが、会話の端々から、年上世代だとおもいました。
年齢がどうってことではなく、若い先生と違って、こちらの反応などを気にせずに、レッスンを進めていく感じが、経験豊富そうだと思いました。

若い子の反応などを気にしていたら、心が持たなそうだもんね(//∇//)

今日のレッスンは、危険予測。
こういう状況が危ないよっていう、パターンの講習でした。事故が多いのは6割が交差点だからって。

例えば、
右折しようとして、対向車バイクが来たから止まって、そのあとで、対向車トラックがパッシングして、先に行っていいよって合図くれたから行こうとしたら、対向車バイクもう一台きてぶつかっちゃった、とか。

あとは、脇道に入って、優先ぽいのはこちらの道なので加速しようかなと思ったら、横の道からチャリが出て来たとか。

あるあるっていう6パターンをやりました。車の時にやったけれど、バイクのときは、自分は相手のことを認識していても、車からの見え方が違うので、気をつけてくださいねとのことでした。

サンキュー事故ってあるじゃないですか。
先生が十代の子に言うと、鼻で笑われるから、何だろうと思っていたら、オヤジギャグだと思われていたそうです。
私はさすがに知ってたけど。
去年、二俣川に車の免許の更新に行った時に、ビデオ見た時にサンキュー事故が出ていました。だから最近聞いたワードだなって言うのもあるけれど、知ってた単語な気がします、少なくとも鼻で笑うとかはないな(^-^)

この先生、バイク通勤だそうで、今日は寒かったでしょうと聞いたら、バイク乗りは、寒いときはちゃんと装備しますだそうです。寒いのは着込めない手くらい。
だって。

なるほど。こういう部分はリアルに勉強になります。寒いときは寒くないようにガリっと着込んで、きっと暑いときは、日焼けしないようにちゃんとするんでしょ。私もちゃんと揃えていかなくちゃですよ〜(^-^)

by niaosmade | 2019-01-06 20:26 | 二輪車の免許

e0109163_01294029.jpg
あけましておめでとうございます。

年が明けた〜!


ジルヴェスターコンサートに行ってきました。みなとみらいホール。


去年も行きたかったんだけど、思いついたときにはチケット取れなかったのでした。

今年はすこし早かったから取れたけれど、なんていうの、オケの後ろ側の方の席。
譜面とか見えて、めくる人とめくらない人がよく見えて、ジルヴェスターオーケストラは大御所が揃ったプロ集団のはずですが、どういう格差なのだろうとか考えたりして、これはこれで面白い。


つかみはヨコハマファンファーレからの、ウイリアムテル序曲。生でこれ聴くの初めて。楽しい。
この曲はみんなが上手じゃないとできない曲ですよね。


低音の大きい楽器とか、オーボエやクラリネットなど、そういう楽器が物珍しくてつい見ちゃう。吹奏楽部のない高校でしたから。


そういえば前半の歌のプログラムが変わって、ヨハン・シュトラウスのオペレッタこうもりの中のメイドの歌から、プッチーニのジャンニ・スキッキのパパにおねだりする曲になった。


残念。
ヨハン・シュトラウス楽しみにしてたのに。


しかも席の場所的に、歌は聞こえにくい。オケが手前で歌は向こうにいて、あっちを向いて歌ってるわけだから、こちら側としてはめっちゃかきけされた感じになってました。まぁ、聞こえたところで外国語だしね、いっか。


ショパンのピアノ協奏曲はとてもきれいで楽しかったけど、プログラムの前半なのに撃沈してるお客さんちらほら。冗長な曲だからかなあ。


真田丸とか池辺先生の曲とかはあんまり興味がないので休憩で混む前におトイレ行って、すいてるドリンクコーナーで赤ワインゆっくり飲みました。


休憩後の第二部はベートーヴェンの皇帝…の第2楽章の終わりからの、第3楽章。

私、この曲ちゃんと聴くの初めてだったんだけど、すごく素敵な曲。全楽章気になるわ。ピアニストもドイツから来た人で、途中から弾くの初めてだってさ。全部やってよ〜。ケンプが先生だったっていうドイツ人ピアニスト。すごいわ。ベートーヴェンの曲は繰り返しが多くて長くてしつこいイメージでしたが、もっとちゃんと聴こうと思いました。


歌の、メリーウィドウと、誰も寝てはならぬのあとに、カウントダウン曲。

カウントダウンはムソルグスキーの展覧会の絵。バーバヤーガとキエフの大門。

バーバヤーガは魔女の曲らしい。とりあえず焦る曲。キエフの大門は、ナニコレ珍百景のテーマ?オチを出すときに出てくる曲。


このあたりではグランドセイコーがモニターにうつしだされて、12時0秒ぴったんこで演奏が終わるようにするの。予習してから行きましたけれど、カウントダウンってどうやるんだろうって思ってました。

ロックなコンサートみたいにこぶし振り上げるわけもないよなと思ったけど、なるほど、面白いです。


ハラハラするけどうまいこと終わるから盛り上がりました。たとえ失敗したとしてもそれはそれで楽しいかも。


その後天国と地獄で、プログラム終了。これはアンコールなしなつもりなのか?と思ったけど、ちゃんとありました。


アンコールは、ラデッキー行進曲。手拍子の強弱とかで参加してる感がある曲ですもんね。アンコールあるとしたらこれかなあって来る道中で思っていたのですが、本当にそうだった(^^)


帰りの駅までの道は、若者の車がいっぱいたむろってました。音楽爆音とか、パチンコ屋みたいな電飾とか。


私は早寝人間なので、大晦日でも、夜に出歩いたりはしないですが、世の中の年越しはこういう感じなんだなあと思いました。


私はこんな年越しを過ごしましたよ!

今年もどうぞよろしくお願いいたします(^-^)


by niaosmade | 2019-01-01 01:29 | コンサート

e0109163_22373811.jpg
赤れんがで、クリスマスイルミネーションをやっていたので、ぷらーっとお散歩に行ってきました。

ドイツフェアもやっていて、グリューワインとか、いろんな種類のなんとかヴルストがあちらこちらに。これってソーセージのドイツ語だよね。

こういう屋台っぽいお店ってめっちゃ高いし、値段の割には量も微妙だから、あんまり買わないんだけど、グリューワインは飲みたくて、並んだわ(//∇//)

美味しかったけど、プラカップ半分くらいの量で、600円。
ま、雰囲気を楽しんだってことで、いいのよ。
この日はそんなに寒くはなかったとはいえ、12月の夜だから、それなりの気温。グリューワインであったまりました。
e0109163_22373855.jpg
これはクリスマスおうちごはん。
キッシュは、お料理教室で作ってきた、パン生地で作ったキッシュ。

奥のアルミホイルは、豚ブロックを大根のかつらむきのように切って、チーズとバジルを挟んで巻いて、崩れないように紐で縛ってオーブンで焼いたもの。

もっと小さい、牛肉の八幡巻みたいなのができるんだろうと予想していたので、メインにはならないと思っていて、なのでサーロインの用意をしちゃってました。せっかくだから両方食べたけど、お腹いっぱいでした(//∇//)

ちなみに、まったく写っていないですが、キッシュに使ったパン生地の残りでレーズン入りのミニフランスパンも作りました。

スペシャルレッスンは、パン生地などは一次発酵まで済んだ状態ででてきたりなど、3分クッキング的な省略箇所も多かったですが、いつも初心者クラスの私には、結構ハイレベルな内容も多かったでした。パンに切れ込みを入れる時も、クープナイフの持ち方を知らず、同じテーブルの面倒見の良いベテランさんに教えていただいたりとか。いろいろ勉強になりました。

by niaosmade | 2018-12-24 14:00 | おうちごはん